英語の必要性は自分で選ぼう

英語の必要性については少々厳しい現実について説明をしましたが、本来は自分で必要性を感じた方が英語の吸収力はまったく違います。
おそらく外国人の従業員が自分の会社に入社してきたり、自社でも英語を喋ろう!などという空気になって慌てて英語を始めた方が英語がすぐに身に付くのかもしれません。

しかし、英語を学ぶことは自分を守るだけではなく、英語ができることとはとてもハッピーなことなのです。
日本はまだまだ英語に関しては喋れる人の方が少なく、先進国でも遅れている方です。テレビを見ててもお分かりかもしれませんが、「英語は世界語」と言われるように、たくさんの国で英語は使われています。多少ニュアンスが違うことはありますが、日本語とは比較できないほど色んな国で通用する汎用性の高い言葉なのです。

ですので英語を喋れることで世界中の人たちと喋れるようになります。
英会話ができなくても、読み書きさえできればFacebookやTwitterなどのSNSで海外の人たちと会話ができるようになります。すると海外の文化、考え方などが身近になり、どんどんあなた自信の生活が豊かになるでしょう。

英語は今後必ず必要ですし、理解すれば圧倒的に世界が広がります。せっかくなら会社から強要されて覚えるよりも、なんらか自発的に学べるきっかけがあると楽しいですね。

    ページトップへ戻る
    Copyright(C) 今からでも遅くない!必要な英語 All Rights Reserved.